光回線の契約は2年・30ヶ月・3年など期間があらかじめ決められていることがほとんどです。
この契約の途中で解約すると違約金が発生してしまいます。

では、途中解約する時に発生する違約金の支払いを避ける方法はないのでしょうか。
好きなタイミングで解約できず不便に感じることもある違約金について詳しく見ていきましょう。

違約金について

まずは違約金について把握しておきましょう。
光回線の契約をする時は、最初の契約段階で2年間や3年間など、契約期間が決まっているケースが大半です。
つまり契約を交わしてから数年の間は契約を継続する約束になっていて、契約期間の途中で解約をするのは契約違反となるのです。
違反したということで支払うのが違約金なわけです。

この違約金を支払わずに解約する方法は、契約更新期間に解約するというのが基本になります。
契約してから2年や3年が経過すると、契約を更新するかどうかの期間が来ますので、そのタイミングで解約するわけです。
これなら元々の契約期間は守っていますので、違約金も発生します。

そのため現在の光回線の契約では、契約更新月が来るのを待って解約するのが原則で、これ以外のタイミングだと違約金が発生する形です。
途中解約が非常にしにくい契約になっているわけです。

スマホなどの契約でもよくある形態で、多くの方が契約更新月がいつになるかをチェックしているのではないでしょうか。
解約できる期間が決まっているのはとても不便です。

途中解約で違約金を避けることは可能か?

では途中解約をしつつ、それでいて違約金を避けることはできるのでしょうか。
これは一部の方法を除き、非常に難しいと言わざるを得ません。

違約金が発生することは最初の契約で決められていて、私達もそれを受け入れたうえで契約しているわけです。
そのため途中解約したいけど違約金は支払いたくないと言っても、向こうも受け入れてはくれません。
途中解約をするなら違約金を支払うことになる、と考えるべきでしょう。

何か相手の会社に大きな不手際があり、特例として違約金も免除されるようなケースもあるかもしれませんが、こうした状況は狙って作れるものではありません。
あくまでもトラブルの結果として違約金が免除されているだけなので、特殊な例になってしまいます。
光回線の契約は、契約更新月が来るのを待ってから解約する、やはりこれが基本だと考えるようにしましょう。

キャッシュバックキャンペーンを利用する方法

実は1つだけ違約金を避けられる方法があります。
それがキャッシュバックキャンペーンを利用る方法です。

光回線の契約というのは、プロバイダをはじめ色々な会社がサービスを提供しています。
そしてどの会社も顧客を獲得しようとお得なキャンペーンを実施し、より多くのお客を集めようとしています。
その一環としてキャッシュバックキャンペーンが行われていることがあり、このキャンペーンを利用すれば違約金を実質避けることが可能なのです。
というのも、光回線の乗り換え時に利用できるキャンペーンの中には、違約金分をキャッシュバックしてくれるものがあるからです。

たとえば違約金が20,000円かかるとしましょう。
契約期間の途中で別な会社に乗り換えた時、乗り換え先の会社が20,000円をキャッシュバックしてくれるしくみです。
この場合、違約金は発生しますし、実際に違約金も支払う必要があるのですが、乗り換え先からキャッシュバックがあるのでプラスマイナス0で実質違約金がかからない状態です。
現状では唯一、違約金を避けられる方法です。

まとめ

途中解約した場合、違約金は必ず発生してしまいます。
ですがキャッシュバックキャンペーンを上手に使うことで契約先を乗り換えながら違約金を避けることが可能になります。
契約期間内での乗り換えを考える時は、キャッシュバックキャンペーンが行わていないかをチェックしてみましょう。
そうすれば無駄なく乗り換えが実現できます。