すでに光ファイバー回線でインターネットを利用している方はプロバイダとの契約も済んでいるわけですが、面倒な再工事等必要なく、プロバイダを乗り換えることもできます。

このプロバイダ乗換を光回線界隈では、「転用」といいます。
今回は、この「転用」について、詳しく解説していきます。

光回線の契約はそのままに、プロバイダだけを乗り換えるメリットはあるのでしょうか。

月額料金が安くなる可能性

光回線の契約自体は継続しますので、その点ではどのプロバイダを選んでも同じということになります。

ですが、プロバイダはそれぞれで毎月の利用料が異なり、プロバイダを乗り換えることで月額料金を安く抑えられるメリットが出てきます。

また、逆に、付帯するメールアドレスの数やホームページスペースの容量など、サービスに違いがあることも理解しておきましょう。

月額数百円の差はかなりデカイ!

現状、各プロバイダの利用料の差は小さく、劇的に金額が変わるということはありません。

ですがそれでも安いほうがお得なのは間違いなく、少しでも安いプロバイダを選ぶというのも1つの考え方です。

数年単位で見れば大きな差になってきますので、月額料金のためにプロバイダを乗り換えるのは賢い方法だと言えます。

格安スマホとのセット割も視野にプロバイダを選ぶ

もし今よりも安い金額で利用できるプロバイダがあるなら、乗り換えることで経済的なメリットが生まれるますし、格安スマホとのセット契約を検討すれば、さらに通信費を圧縮できることは間違いありません。

普段あまり気にしない料金のことですが、乗り換えによってお得になる可能性を十分秘めていることを頭に入れておいてください。

また、いまお使いのスマホがキャリアスマホなのであれば、スマホ料金単体でもかなりの節約効果が期待できます。

現在の契約の無料解約月を確認しつつ、早い段階で乗換をオススメします。

独自サービスを受けられる

各プロバイダはそれぞれ、独自のサービスを提供しています。

無料で複数のプロバイダアドレス(メールアドレス)が使えたり、無料のホームページスペースが付帯したりします。

プロバイダごとに、これらの付帯サービスに差があり、料金が同じだとしても、独自のサービスで差を付けようとしています。

もし今利用しているプロバイダ以外に、何か魅力的なサービスを提供しているプロバイダがあるなら、そこに乗り換えるのも悪くありません。

付帯サービスでプロバイダを選ぶ

プロバイダはどこも同じと考える方が多いようですが、詳しく見ていくとその違いが見えてきます。

サービスの面からも自分に最適なプロバイダを探し出すようにしましょう。
サービスの違いはとても大きく、プロバイダ選びの重要な基準になります。
今使っているより優れたプロバイダがないかどうか、これは定期的にチェックし必要なら乗り換えを検討するべきでしょう。

乗り換えキャンペーンも確認!

プロバイダの乗り換えをすることで特典が利用できるケースも増えています。
たとえば、現在プロバイダとの契約は2年契約がほとんどです。

2年経過しないと解約する時に違約金が発生してしまうわけですが、プロバイダの乗り換え時に新規のプロバイダからキャッシュバックを受け取れ、実質的に違約金がかからなくなるといった形です。

この他にも毎月の利用料が一定期間無料になったり割引になったりなど、乗り換えることで受けられる特典が用意されています。

どんな特典があるかはプロバイダによって違いますが、どのプロバイダも自分のところに乗り換えてもらいたいと考えているので魅力的な特典をウリにしているのです。

私達にとってこれは大きなメリットで、特典をいかに上手に利用するかもポイントになってくるでしょう。
乗り換えを検討する時はどんな特典があるのかをまずはチェックするのがおすすめです。

転用のメリットとデメリット

プロバイダだけを乗り換えることでこうした費用面でのメリットが考えられます。

逆に、契約手続きなどの手間もありますから、プロバイダ乗り換えに消極的な方も多いと思います。

しかし、最適なプロバイダに乗り換えることでお得もあり、さらに安くインターネットが楽しめるようになります。

スマホと違って、固定回線の場合、長期利用割引なども存在しないため、長く同じプロバイダを利用している方は、他のプロバイダへの乗り換えも検討してみるとよいと思いますよ。

月々いくら節約できるかシミュレーションして、浮いたお金でアレ買えるなぁとか色々妄想するのが楽しいです。笑