光回線の契約をする時、いくつかのキャンペーンが実施されているケースがあります。

特定の条件を満たすことで毎月の料金が安くなるなど、お得に見えるキャンペーンですが本当にお得なの?

さまざまなキャンペーンがあり、お得かどうかは人によっても違ってくるのでキャンペーンの内容をしっかりチェックすることが求められます。
キャンペーンの条件や内容に注目してみましょう。

光回線キャンペーンの種類

光回線で実施されているキャンペーンの種類には、大きく分けて3通りのキャンペーンがあります。

  1. 月額利用料の割引キャンペーン
  2. 工事費用割引キャンペーン
  3. キャッシュバックキャンペーン

月額料金割引キャンペーン

まず1つ目は、毎月の回線利用料が安くなるというもの。

キャンペーン期間中に契約を済ませ、期日までに開通が完了すれば、契約開始から2年間や3年間は利用料がいくらか割引になるといった割引キャンペーンです。

たとえ割引がわずかだったとしても、毎月の利用料が安くなるのですからお得であることは間違いないでしょう。

近年では光回線を提供できる企業が増えたこともあり、各社が顧客獲得のために利用料が安くなるキャンペーンを展開しています。

工事費用割引キャンペーン

そして2つ目は、光回線導入時の工事費用が無料となるキャンペーン。
工事費用としては、2万円前後が想定できますので、これも金額的にはかなり大きいキャンペーンですね。

プロバイダによっては、工事費用割引キャンペーンと工事費用無料キャンペーンがあります。

キャッシュバックキャンペーン

最後の3つ目は、キャッシュバックキャンペーン。

キャッシュバックの大きなものとなると7万円近い金額がキャッシュバックされることもあります。
キャッシュバックに力を入れているプロバイダとして有名なのが、So-net。

最近では、auひかりの新規申し込みでのキャッシュバック金額が大きいようです。

ただし、キャンペーンに関しては注意しなければいけないこともありますので、それを次の項目で見ていきましょう。

キャンペーンの注意点

利用料が安くなるなど、たしかにお得なキャンペーンですが、注意したいのがその条件です。

契約をすれば無条件で割引が適用されるケースもありますが、なんらかの条件が設定されていることがほとんどです。
一般的な条件で多いのが、契約期間が決まっているというものです。

スマホなどでもよくありますが、キャンペーンを利用するには2年間は契約を継続しなければいけないなど、契約期間が縛られてしまうわけです。

2年間は確実にその回線を利用するかわりに、利用料を安くしてもらっている形です。
そのため、決められた契約期間内に解約することになれば、違約金が発生したりします。

違約金を支払うことになればせっかく利用料が安くなっていても意味がありません。
キャンペーンの多くは契約期間など、何か条件が設定されていますので、その条件について必ず確認しておきましょう。

しかし、携帯電話と違って、固定回線の場合、ずっと利用し続けることが多いので、引っ越し等の予定がなければキャッシュバック金額などで比較するのも良いかと思います。

自分に必要かどうかを考える

キャンペーンの内容はさまざまで、中には自分にまったく影響のないものもあるかもしれません。

実際にあったキャンペーンを例に考えてみると、引っ越しの際に行う新居での光回線の工事費用が半額になるというものがありました。

引っ越しを考えている方にとっては便利なキャンペーンですが、引っ越しをしない方にとってはまったく意味のないキャンペーンです。

このように、すべてのキャンペーンが自分にとってお得とは限りません。
キャンペーンをやっているから今がお得と考えるのではなく、そのキャンペーンが本当に自分にとって必要なものかどうかを判断しましょう。

さらにキャンペーンを利用するための条件をチェックし、デメリットがないかも見極めないといけません。
よくチェックせずにキャンペーンを利用し、後で違約金を支払うことになったなんてことは避けるべきなのです。

光回線のキャンペーン考察まとめ

キャンペーンは基本的にはお得になるように作られていて、非常にありがたいサービスです。
ただし、自分にお得かどうかは状況次第で、そのキャンペーンがお得かどうかをしっかり考えることも大切です。
キャンペーンならなんでもいいというわけではないので、1つ1つのキャンペーンの詳細を見ておきましょう。

自分にぴったりのキャンペーンを実施している企業があれば、その企業を契約するのも1つの方法です。
特に回線業者やプロバイダにこだわりがない場合は、キャンペーンを判断基準にするのもおすすめです。