光回線の契約をしようとした時、クレジットカードが必要だと言われたことはないでしょうか?
クレジットカードを持っていなくても、光回線を契約できるのかどうかは気になる部分だと思います。

クレジットカードが手元になくても光回線を契約できるのかを考えてみましょう。
わざわざクレジットカードを作る手間を考えると、クレジットカード無しで契約できる会社があれば便利です。

光回線の料金支払いについて

そもそも、クレジットカードがなぜ必要になるのか、それは料金の支払い方法が関係しています。
光回線の契約ができるプロバイダなどは複数ありますが、料金の支払いをクレジットカードでしか受け付けていないところもあります。
こうした会社と契約するには当然ながらクレジットカードが必須で、クレジットカードを持っていないと契約すらできないわけです。

公共料金やスマホの料金支払いなど、毎月支払う料金は色々ありますが、その支払方法はさまざまです。
銀行からの自動引落や、コンビニ支払いなどが利用できるならクレジットカードも不要です。

つまり料金の支払い方法がクレジットカード以外にもあるプロバイダなどなら、クレジットカードがなくても契約可能なのです。
光回線の契約先を選ぶ時は、料金の支払い方法についてもチェックするようにしましょう。
そうすればクレジットカード無しでも契約が可能になります。
こちらで調べなければならないのは面倒ですが、通信会社やプロバイダごとに対応が違うので仕方ありません。

クレジットカード無しでも契約可能

上記でも紹介したように、クレジットカード以外の支払い方法が利用できればクレジットカードも不要になります。

そして、クレジットカード以外の支払い方法が選べるプロバイダなども少なくありません。
このようなところを契約先として選べば問題ないわけです。

現在、プロバイダの数は非常に多く、料金の支払い方法が多彩なプロバイダもたくさんあります。
クレジットカードがなくてもまったく問題ありません。
たしかにクレジットカード必須のところもあり、その意味では選択の幅はせまくなってしまいますが、光回線のためにクレジットカードを作る必要はないのです。

さまざまな理由でクレジットカードは持ちたくない、クレジットカードでの支払いはしたくないという方も多いと思います。
そんな時は銀行振込やコンビニ支払いなどで対応できるプロバイダなどを見つけましょう。

クレジットカードを持つ選択肢

クレジットカードなくても光回線の契約はできるわけですが、これを機にクレジットカードを持つという選択肢もあると思います。
クレジットカードは正しく使えばとても便利なサービスで、光回線の契約においても選択の幅が広がります。
たとえば、とても魅力的に感じられるプロバイダがあったとして、そこがクレジットカード必須だったとしましょう。

クレジットカードを持ってないからと諦めて他のプロバイダを選ぶのも1つの方法ですが、クレジットカードを作ってしまうのもまた1つの方法です。
クレジットカードさえ作ればそのプロバイダを利用できるのですから、決して悪いことではありません。
普段の買い物などでも使えますし、ネット通販でもクレジットカードが必要になるシーンがあります。

そうしたことまで含めて考慮すると、今後のネット生活のためにもクレジットカードを作るというのも良いことではないでしょうか。
もちろん無理に作る必要はありませんが、そういう方法もあります。

デビットカードで契約できる光回線

私が過去に契約出来たものとして、EXCITE光が挙げられます。

楽天JCBデビットカードでEXCITE光を契約していましたので、
クレジットカードが無い方は、EXCITE光がオススメです。

参考:EXCITE光

また、デビットカードによっては月額制サービスが利用出来ないものなどもありますので、手持ちのデビットカードで申し込めない場合、楽天JCBデビットカードを作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

光回線の契約はクレジットカードなくても問題なくできます。
支払い方法はいくつかありますので、自分に最適な支払い方法が選べるプロバイダを見つけるようにしましょう。
ただし、クレジットカード必須のプロバイダがあるのも事実で、クレジットカード無しの状態だと選べるプロバイダの数が減ってしまいます。
必要ならクレジットカードを作ることも考慮して光回線の契約について検討しましょう。